エントリー - Yuko Aoki

パシフィック・フェスタ2015

福島県いわき市での「第7回太平洋・島サミット」の開催に伴い、平成27年5月21日(木)~24日(日)まで東京都港区赤坂のアーク森ビル・カラヤン広場にて「パシフィック・フェスタ2015」が催されました。 国際機関太平洋諸島センター主催による南国の雰囲気あふれるこのイベントで、太平洋島嶼諸国は、ステージでのパフォーマンスとブースでの民芸品・物産品の展示販売を通じて自国の魅力を発信しました。   フィジー共和国は、在日フィジーコミュニティーがメケ・ダンスのパフォーマンスを披露し、観客を魅了しました。また、ブースではココナッツ石けんやカレーパウダーなどを展示・販売しました。        

関空旅博 2015 に出展

  フィジー共和国大使館は関西国際空港で平成27年5月23日(土)、24日(日)に開催された「関空旅博2015」に出展、石橋浩一在大阪フィジー共和国名誉領事の協力の下、フィジーとフィジーの観光促進を行いました。 また、株式会社栗本産業(アイランド・チル)、株式会社立花商店(アンディ・チョコレート)、アウトリガー・オン・ザ・ラグーン・フィジー各社のご協賛をいただき、フィジー海外旅行セミナーを開催。定員を超える56名の参加がありました。  

フィジー・セブンズ・チーム、東京セブンズ2015で健闘

平成27年4月4日(土)と5日(日)に秩父宮ラグビー場で開催された、7人制ラグビーの国際トーナメント、東京セブンズ2015にボーダフォン・フィジー・セブンズ・チームが出場、在日フィジー・コミュニティーとともにフィジー共和国大使館は応援と支援を提供しました。 チーム・マネージャー パウラ・ビウ氏、マタイトガ大使、医療コーディネーター ウィリアム・コン氏 結果は第3位でした。今シーズンのセブンズワールドシリーズで、2月のラスベガス大会、3月の香港大会とともにカップ優勝しているフィジーは、現在ランキング第2位。セブンズワールドシリーズの上位4チームは自動的に来年のリオデジャネイロ・オリンピックへの出場権を獲得します。 試合後、フィジー共和国大使館はベン・ライアン監督はじめ選手、スタッフの健闘をたたえるための夕食会を催しました。     

第39回アジアの祭典チャリティーバザー2015に参加

「アジアの祭典チャリティーバザー2015」が平成27年4月8日(水)、ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催され、フィジー共和国大使館も参加しました。 アジア婦人友好会主催のこのイベントの収益金は、参加国の福祉、教育支援、災害援助活動に使われます。 マタイトガ大使夫妻とアンディ・ミリアマ・ドラウナさん ココナッツ石けんやオイル、ビスケット、カレースパイスなどを販売したハンドクラフト・ブースでは、常陸宮妃殿下華子さまにお立ち寄りいただきました。 フード・ブースでは、大使夫人お手製のシーフード・カレーやケーキ、ミネラル・ウォーターを販売しました。 ご協力、ご来場いただきましたみなさまに心より御礼申し上げます。

日本貿易振興機構理事長を表敬訪問

2015年3月6日(金)、イシケリ・マタイトガ大使は日本貿易振興機構(ジェトロ)の石毛博行理事長を表敬訪問しました。 マタイトガ大使は、2月10日に閣議決定された開発協力大綱や、フィジーでの起業を検討する日本の中小企業向けのワークショップ開催協力の要請、フィジー政府による日本の投資家への優遇措置、自身の日本の各県への訪問について述べ、石毛理事長は、5月に開催される太平洋・島サミットでの島嶼国リーダー向けのビジネス・セミナーの共催の可能性、ジェトロ・シドニー事務所によるインベストメント・フィジーCEO訪問について言及しました。   (左から右) 平塚大祐理事、マタイトガ大使、石毛博行理事長

外務省国際協力局審議官との意見交換

2015年3月5日(木)、イシケリ・マタイトガ大使は外務省国際協力局審議官/外務副報道官 岡庭健氏と面会しました。 2015年2月10日に閣議決定された開発協力大綱について特に下記の3つの点で意見交換が行われました。 専門分野における人材協力 災害発生時における初動活動の能力強化開発支援 フィジーでの起業を望む日本の中小企業のための事業支援と初期リスク回避支援 また、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップにふれ、マタイトガ大使は各県への訪問を通じて人物交流、スポーツ交流促進に意欲を示しました。

太平洋・島サミット高級実務者会合

島サミット高級実務者会合が2015年3月4日(水)、外務省にて開催されました。この会合では2015年5月22日(金)と23日(土)に福島県いわき市で開催される第7回太平洋・島サミットの準備のための協議が行われました。 会合ののち、ホテルニューオータニで中根一幸外務政務官主催のレセプションが開催されました。

JICA東京でのフィジー観光マーケティングセミナー

フィジー共和国大使館は2015年2月26日(木)、JICA東京にてフィジー観光マーケティングプロモーションセミナーを開催しました。 このセミナーはフィジー共和国大使館とJICA東京の共催でフィジーと日本の観光事業の歴史、プロモーション、マーケティング、今後の展望を重点として行われました。 2時間半のセミナーにはアルバニア、エストニア、コソボ、クロアチア、マケドニア旧ユーゴスラビア、ウクライナ、モンテネグロからの研修生とJICA東京のスタッフ、計7名が参加しました。

国旗デザインコンテストの実施

2015年3月2日、フィジー共和国の新しい国旗のデザインを決めるコンテストが開始されました。 新しいデザインはフィジー国民から広く募集され、青少年スポーツ省のイリエサ・デラナ大臣補佐官が議長とし、様々な方面からなる委員会によりいくつかの候補が選出されます。 コンテストは5月1日に締め切られ、閣僚により最終案が決定し、のちに議会に提出される予定です。