北海道名誉領事 清水誓幸 来訪

 北海道名誉領事、清水誓幸氏が4月18日フィジーから帰国されました。臨時代理大使であるクレラ・サブとフィジーでの自動車関連の最新情報について情報交換を行いました。

清水誓幸 株式会社 北翔代表取締役

秩父宮みなとラグビーまつり2022

在日フィジー大使館は秩父宮みなとラグビーまつり2022に参加しました。2022年4月24日日曜日に開催されました。

http://chichibunomiya-minato-rugby-fes.jp/

レッドリスト国の入国条件– 2021年11月29日

フィジー政府オミクロン株に対するレッドリスト国の入国条件の提示。

フィジー政府は、新たに報告されたCOVID-19のオミクロン株に対して、レッドリスト国からの入国旅行者の入国に関する厳格な条件を強化しました。

「オミクロンの株は、より高い感染率と病原性をもたらす可能性のある重要な変異を持っていることが示していることから、綿密に監視しています。この新しい変異種に関する最初の情報を特定して公開した南アフリカを評価しています。これまでのところ、現場の証拠はより高い 感染率 を示唆しています。しかし、変異体が自然免疫やワクチン誘発免疫に対する反応性が低い場合、および変異体によって引き起こされる疾患がより重症である場合、伝染性が本当に増加するかどうかを判断するには、さらに研究が必要です」と保健医療サービス事務次官Dr. James Fongは述べています。

「レッドリストと旅行パートナー国(TPC)のリスク評価のプロセスは、ウイルスの新しい変異種が検出される可能性が高いという知識を持って作成されました。国のワクチン接種率や地域社会の感染率などの要因を分析します。今後もこの評価プロセスに依拠するものとします。」

常に南部アフリカ諸国を含むレッドリスト国にいるフィジー人の場合、旅行者への対策は次のとおりです。

旅行者は、フィジーで承認されたワクチンの1つを完全に接種する必要があります。
旅行者は、雇用主またはスポンサーの監督下で旅行前の5日間の自己隔離を含み、5日目および出発前72時間以内に検査で陰性となる必要があります。

フィジーに到着すると、レッドリスト国からの旅行者の検疫期間は14日に延長され、到着時に5日目と12日目にPCRテストが行​​われます。

フィジー政府は、承認されたCOVID-19ワクチンによる完全ワクチン接種、出発の72時間前に行われたCOVID-19 PCR検査結果の陰性、3泊などの要件を含む、旅行パートナー国からのすべての到着の入国条件を維持します。 Care-Fiji認定ホテルに滞在し、到着後2日目に追加のCOVID-19テストを行います。

保健医療サービス省は、レッドリスト国からの旅行者がフィジーに旅行する前に10日間リストされた 旅行パートナー国(TPC) に行くことを推奨しています。ただし、特に南部アフリカでは、いくつかの国境制限があるため、一部のフィジー市民および居住者は、フィジーへの直接旅行を予約する必要がある場合があることを理解しています。

外務省は、南部アフリカの市民に関する情報を提供することにより、私たちが支援するプロセスについてアドバイスを提供し、市民が厳しい入国条件を順守するのを支援できるようにします。

「この新しい変異種は、パンデミックが発生している限り、フィジーはウイルスとその変異種による脅威に直面し続けることを思い出させてくれます。この変異種に対してすべてのフィジー人が取ることができる最も重要なステップは、完全にワクチン接種され、私たちの周りの他の人にも同じことをするように促すことです。私たちは世界で最も高いワクチン接種率の1つの国ですが、フィジーは可能な限り100%に近い接種率を達成したときに最も安全と言えるでしょう。適切な手洗い、マスクの着用、物理的な距離など、広がりを制限できることがわかっている他の健康保護対策を引き続き厳守する必要があります。」

保健医療サービス省は現在、フィジー疾病管理センター内に、懸念のある陽性サンプルを処理するためのゲノム配列決定能力を確立しています。

省は現在、最前線の保健当局に追加免疫用量を投与しており、まもなくウイルス抵抗に弱い市民に追加免疫用量のCOVID-19ワクチンを配備する予定です。

(Source: Ministry of Health and Medical Services Website)

駐日フィジー大使館 ニュースレター – 4th edition

FET-Newsletter-Fourth-Edition

パシフィック・フェスタ2015

福島県いわき市での「第7回太平洋・島サミット」の開催に伴い、平成27年5月21日(木)~24日(日)まで東京都港区赤坂のアーク森ビル・カラヤン広場にて「パシフィック・フェスタ2015」が催されました。

国際機関太平洋諸島センター主催による南国の雰囲気あふれるこのイベントで、太平洋島嶼諸国は、ステージでのパフォーマンスとブースでの民芸品・物産品の展示販売を通じて自国の魅力を発信しました。

1

写真提供: 太平洋諸島センター

 

フィジー共和国は、在日フィジーコミュニティーがメケ・ダンスのパフォーマンスを披露し、観客を魅了しました。また、ブースではココナッツ石けんやカレーパウダーなどを展示・販売しました。

3

2

4

5

 

 

 

 

関空旅博 2015 に出展

 

フィジー共和国大使館は関西国際空港で平成27年5月23日(土)、24日(日)に開催された「関空旅博2015」に出展、石橋浩一在大阪フィジー共和国名誉領事の協力の下、フィジーとフィジーの観光促進を行いました。DSCN2255

また、株式会社栗本産業(アイランド・チル)、株式会社立花商店(アンディ・チョコレート)、アウトリガー・オン・ザ・ラグーン・フィジー各社のご協賛をいただき、フィジー海外旅行セミナーを開催。定員を超える56名の参加がありました。

DSCN2276

 

フィジー・セブンズ・チーム、東京セブンズ2015で健闘

平成27年4月4日(土)と5日(日)に秩父宮ラグビー場で開催された、7人制ラグビーの国際トーナメント、東京セブンズ2015にボーダフォン・フィジー・セブンズ・チームが出場、在日フィジー・コミュニティーとともにフィジー共和国大使館は応援と支援を提供しました。IMG_0246

チーム・マネージャー パウラ・ビウ氏、マタイトガ大使、医療コーディネーター ウィリアム・コン氏

Tk1

結果は第3位でした。今シーズンのセブンズワールドシリーズで、2月のラスベガス大会、3月の香港大会とともにカップ優勝しているフィジーは、現在ランキング第2位。セブンズワールドシリーズの上位4チームは自動的に来年のリオデジャネイロ・オリンピックへの出場権を獲得します。

試合後、フィジー共和国大使館はベン・ライアン監督はじめ選手、スタッフの健闘をたたえるための夕食会を催しました。

IMG_0286TK2 tk3 10491158_10203689769274979_1046713481522907395_n[1]11150964_10203689758674714_2656670218944949666_n[1]IMG_0297tk4  

第39回アジアの祭典チャリティーバザー2015に参加

「アジアの祭典チャリティーバザー2015」が平成27年4月8日(水)、ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催され、フィジー共和国大使館も参加しました。

アジア婦人友好会主催のこのイベントの収益金は、参加国の福祉、教育支援、災害援助活動に使われます。

ALFS6

マタイトガ大使夫妻とアンディ・ミリアマ・ドラウナさん

ココナッツ石けんやオイル、ビスケット、カレースパイスなどを販売したハンドクラフト・ブースでは、常陸宮妃殿下華子さまにお立ち寄りいただきました。 ALFS1

フード・ブースでは、大使夫人お手製のシーフード・カレーやケーキ、ミネラル・ウォーターを販売しました。ALFS4

ご協力、ご来場いただきましたみなさまに心より御礼申し上げます。

ALFS339

日本貿易振興機構理事長を表敬訪問

2015年3月6日(金)、イシケリ・マタイトガ大使は日本貿易振興機構(ジェトロ)の石毛博行理事長を表敬訪問しました。

マタイトガ大使は、2月10日に閣議決定された開発協力大綱や、フィジーでの起業を検討する日本の中小企業向けのワークショップ開催協力の要請、フィジー政府による日本の投資家への優遇措置、自身の日本の各県への訪問について述べ、石毛理事長は、5月に開催される太平洋・島サミットでの島嶼国リーダー向けのビジネス・セミナーの共催の可能性、ジェトロ・シドニー事務所によるインベストメント・フィジーCEO訪問について言及しました。

 

jetro

(左から右) 平塚大祐理事、マタイトガ大使、石毛博行理事長

外務省国際協力局審議官との意見交換

2015年3月5日(木)、イシケリ・マタイトガ大使は外務省国際協力局審議官/外務副報道官 岡庭健氏と面会しました。

2015年2月10日に閣議決定された開発協力大綱について特に下記の3つの点で意見交換が行われました。

  • 専門分野における人材協力
  • 災害発生時における初動活動の能力強化開発支援
  • フィジーでの起業を望む日本の中小企業のための事業支援と初期リスク回避支援

また、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップにふれ、マタイトガ大使は各県への訪問を通じて人物交流、スポーツ交流促進に意欲を示しました。